豊洲市場はやはり凄かった。関すし上田校長、豊洲市場見学に行くの巻【後編】

そして、そして、花形であるマグロの競りを視察に行きました。とにかく人が多い。大阪の競りに比べて4-5倍の人がいるのではないでしょうか。

デカいですねー。直で見ると、圧倒されます。

これが豊洲のマグロの競りなんですねー

しばし、マグロの世界に浸ることができました。

冷凍のマグロの数が多いこと。断面は判断基準(品質保証)の為、常温で置かれてます。

せっかくなので、観覧場所(3F)にも上がって見てみると、外人さんが多数。いろんな国の言葉が飛び交っていました。世界の豊洲市場、人気です。

さて、一通りミッションこなして、外に出てみると、日が昇って明るい雰囲気。

時間は確か、6時半だったかと思います。

 

今回、写真に写っておりませんが、関西すし学院の生徒さんも途中から同行されて、一緒に朝飯も食べました。

海鮮丼、量は多くないのですが、味は天下一品。これは、さすがの市場品質と眠気も吹き飛びましたw

【おまけ①】 視察日が水曜日だったこともあり、仲卸売場を歩くお客さん、視察者は少なかったです。(休市日、つまり豊洲市場がお休みの日は日曜日・祝日・一部の水曜日)

【おまけ②】水産市場のマストアイテム、ターレー。豊洲でも多数のターレーが行き交っておりました。

又来るからね!! 豊洲市場。

 

豊洲市場はやはり凄かった。関すし上田校長、豊洲市場見学に行くの巻【前編】はこちら

https://www.kansai-sushigakuin.com//columns/detail/48